第45回チラシ45回演奏

 2018年3月17日(土) 14:30開場、15:00開演

 会場:札幌バプテスト教会礼拝堂(南22西14、市電「電車事業所前」or「中央図書館前」から徒歩1分)→【地図】

曲目

・J.S.バッハ カンタータ第35番「霊と心は驚き惑う」 BWV35 →演奏会録音(特別公開!)
    アルト独唱:村中朋見、オルガン独奏:吉村怜子

・ヤナーチェク 弦楽のための組曲

・グリーグ ホルベルグ組曲 Op.40
後援:札幌市・札幌市教育委員会photo

 札幌を中心に活躍されているアルトの村中さんとオルガンの吉村さんをお迎えして、バッハの数少ないアルトソロ・カ ンタータを演奏します。この曲は、アルトソロはもちろん、普段は通奏低音として裏方的な役割を担っているオルガンが独奏楽器として大活躍します。特に、ア ルト独唱の入らない器楽だけのシンフォニア楽章(第1曲と第5曲)は、ほとんどオルガン協奏曲の様相です。なお、これらの楽章は現在紛失しているオーボエ 協奏曲として作曲されたと考えられており(復元されたものを第31回演奏会で演奏)、バッハ自身がチェンバロ協奏曲BWV1059としても編曲していま す。 休憩後の後半では、ロマン派というより国民楽派として知られているヤナーチェクとグリーグの作品を演奏します。ヤナーチェクはチェコ、グリーグはノ ルウェーと、西洋音楽の中心であるドイツ・フランス・イタリアの周辺地域の作曲家ですが、それぞれの民族性・地域性あふれる作風が特徴となっています。グ リーグのホルベルグ組曲は、弦楽合奏の作品としては非常に演奏機会の多い曲ですが、アルスでは2004年第18回演奏会以来14年ぶり、ヤナーチェクも 1998年第7回演奏会以来20年ぶりの演奏となります。どうぞご期待下さい。

村 中朋見(むらなかともみ)プロフィール:北海道教育大学札幌校特設音楽科声楽コース卒業。これまでに札幌市民芸術祭新人演奏会、日演連推薦新人演奏会、各 施設ロビーコンサート、JRタワーT38そらのコンサート、コンチェルト・ダ・サローネ、教育大オペラ「魔笛」「エフゲニ・オネーギン」、Kitaraオ ペラプロジェクト「コジ・ファン・トゥッテ」に出演。2006年、2015年ジョイントリサイタル開催。「テレジア・ミサ」「マニフィカト」「マタイ受難 曲」「メサイヤ」「第九」などソリストとして多数出演。MusicaTetra、札幌音楽家協議会、日本演奏連盟各会員。

photo吉村怜子(よしむらさとこ)プロフィール:札幌南高校在学中に札幌コンサートホールKitaraのオルガンスクー ルで学んだ後、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。その後、フランスのリヨン国立高等音楽院オルガン科卒業、同音楽院修士 課程修了。オルガンを大野敦子、小林英之、深井李々子、廣野嗣雄、早島万紀子、廣江理枝、F.エスピナス、L.シュルンベルジェ、チェンバロを小島芳子、 大塚直哉、通奏低音を今井奈緒子、Y.レヒシュタイナーの各氏に師事。アルス室内合奏団では第39回演奏会以来の共演。

 アンコールは、バッハ:カンタータ第170番「満ちたれる安らい、うれしき魂の喜びよ」から第5曲アリア「これ以上生きたくなどありません」でした。

Encore photophoto


第46回演奏会

2018年9月15日(土) 18:00開場、18:30開演

会場:札幌市教育文化会館小ホール(北1西13、地下鉄東西線「西11丁目駅」から徒歩5分)→【地図】

曲目

・川越 守 サクソフォーンと弦楽のためのファンタジア
    サクソフォーン独奏:難波 陽介

・プロコフィエフ 弦楽のためのアンダンテ Op.50 bis

・グラズノフ サクソフォーン協奏曲 変ホ長調 Op.109
    サクソフォーン独奏:難波 陽介

・チャイコフスキー 弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48 

後援:札幌市・札幌市教育委員会photo

今回は、昨年12月に亡くなった川越守先生の追悼として、サクソフォーンと弦楽のためのファンタジアを演奏しま す。川越守先生は北海道大学交響楽団の常任指揮者として北大の多くの学生を指導し、札幌の音楽文化の発展を担ってきました。実は、当団団員は半数以上が北 大交響楽団出身ですが、アルスでは今まで川越先生の曲を1度も演奏したことがありませんでした。その理由は、アルスでは川越先生とはまた別のアプローチで 音楽作りをしたいと思ったからでもありますが、今回は、私たちの多くが川越先生から合奏や音楽作りのイロハを教えていただきそのおかげで今の自分たちがあ るということを私たち自身が再確認し、その上で川越守先生の功績をより多くの方に知っていただきたいと思い、先生の作品を演奏することにしました。川越先 生は北大交響楽団の定期演奏会のために毎回新作を作曲し続け、その中には弦楽のための作品もいくつか含まれています。今回演奏するのは、サキソフォーン独 奏が加わる珍しい編成の短い曲ですが、先生にしては珍しく十二音技法による無調的な非常に現代的な作品となっています。今回は、この川越先生の曲に加えて グラズノフのサキソフォーン協奏曲を、札幌の若手気鋭のサキソフォーン奏者である難波陽介さんを迎えて演奏します。今回は、川越守以外の曲は、プロコフィ エフ、グラズノフ、チャイコフスキーと、ロシアの作曲家が並ぶことになりました。プロコフィエフは弦楽合奏のための曲を全く残さなかったのですが、今回演 奏する「弦楽のためのアンダンテ」は弦楽四重奏曲第1番第3楽章の編曲となります。そして、チャイコフスキーの弦楽セレナーデは、言わずと知れた弦楽合奏 の超名曲です。アルスでは、第3回、第14回、第31回演奏会以来4回目、8年ぶりの演奏となります。どうぞご期待下さい。

難波陽介(なんば ようすけ)プロフィール:函館市出身。函館大学附属有斗高等学校、北翔大学生涯学習システム学部芸術メディア学科音楽コースを経て、フリーランス奏者とし て札幌市を中心に活動している。平成20年度札幌市民芸術祭新人音楽会、大学卒業演奏会、JRタワーそらのコンサート、北広島花ホールロビーコンサートな どの演奏会に出演。第24回日本クラシック音楽コンクールにて第三位(一、二位なし)受賞。これまでにサクソフォンを山下晴生、永留淳也の両氏に、室内楽 を永留淳也氏に師事。

 アンコールは、でした。

Nordgren

Schubert


第47回演奏会

 2019年3月17日(日) 13:00開場、13:30開演

 会場:札幌市教育文化会館小ホール(北1西13、地下鉄東西線「西11丁目駅」から徒歩5分)→【地図】

曲目


   ソ


photo

後援:札幌市・札幌市教育委員会

 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○バッハのカンタータというと、合唱が入った教会礼拝用 のもの(教会カンタータ)が多いですが、この第209番は教会以外 の一般儀式用の作品(世俗カンタータ)で、送別式で演奏されたようです。3月は卒業式・送別会シーズンですが、親しい友達・同僚が遠くに赴任するときの切 ない思いを感じ取ってもらえればと思います。ご期待下さい

アンコールは、でした。

バッハ写真

アンコール写真

第48回演奏会

2019年9月 9日(土) 18:00開場、18:30開演

会場:()→

ゲスト

曲目


   独奏:

photo



後援:札幌市・札幌市教育委員会

 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○どうぞご期待下さい。

プロフィール:○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 アンコールは、